What's your happiness?

守備範囲広すぎるオタクのつぶやき

新しい趣味(オタク)

ブログ更新したいな〜なんて思うきっかけにもなった

新たな趣味、ですが。

 

わたくし…

 

なんと…

 

乙女ゲームなるものにはまりました。

 

もう完全にオタクじゃーーーん

夢女子ってやつじゃーーーん

 

そう、そこなんですよ

夢女子というワードをここ一年くらいで知りました。

 

夢女子とは…

女オタクの一種で、作品内に登場するキャラクター(二次元キャラクター)と自分の恋愛関係を好む女性。または恋愛関係でなくとも自身が登場人物としてキャラクターと関わる事を望む女性。

 ピクシブ百科事典より引用)

 

そうそう。

そう言われてみればそうなのかも。

 

となって今に至るわけです。

 

ずっとではないけども、二次元キャラではなく

三次元の人間、もといアイドルたちを見て

恋愛感情、とは言わないまでも

なんらかの関わりを持つことを夢見ている時期があったり

もともとそういう、「対自分」で考える癖というか

考え方があったんだと思います。

 

だって。

 

V6ファンの皆々様ならご存知でしょう

【ラブセン】

あれめっっっっっちゃ好きだったからね

 

なんならそれきっかけで今に至るところもあるわけで。

 

しかもね、最近の乙女ゲームってすごいのよ?(昔の知らないくせに)

ストーリー普通にとっても楽しめるからね?

恋愛小説読んでるような感覚になるときあるよ?

 

 

そして、

 

もう一つ派生して…

 

声優さんにもはまりました。

 

友人「なんかもう行くとこまで行ったって感じよね」

 

そう思う私も。

 

友人「あと韓国アイドルに手を出したらメジャーどころのオタク制覇じゃない?」

 

そう思う私も。

 

 

さあ。

 

ジャニヲタに?アーティストのファンに?ゲームオタク?声優ファン?

 

面白くなってきましたねえ

全然お財布的には面白くないです()

だから「根っからのオタク」って怖いのよ

 

でももしかしたら熱し易く冷め易いタイプかもしれない!!

…優しい目で自分を見守りたいと思います。

 

 

でもほんと、「オタク」って面白いから。

 

 

ジャンルによってファン層も違うわけで、

イベントなんかの雰囲気も違うし、

TwitterのTLの雰囲気も違うし、

『専門用語』的なものもあったり、

反対に共通するものもあったり。

 

 

とても面白いです。

 

 

そういう”違い”を見つけられるのも

掛け持ち野郎の利点だったりもします。

 

 

今後の記事を書く上で大前提として載せておこうと思いまして。

この記事を更新した次第であります。

 

さ。

 

ゲームして寝よう。